ライフログ 日々

転職活動をしてみて感じたこと

2017/09/13

自己アピールをすることは前向きに自分を見直すこと。

チカログをご覧くださりありがとうございます。
三樹チカ(@_mikichika)です。

転職活動が無事終了しました。

ツイッターでは度々呟いていましたが7月頃から転職活動をしていました。
今の会社では仕事としてデザインを覚えたり新しいことを挑戦させてもらえたりすごくお世話になっているのですが「このままでいいのかな?」という思いが日に日に強くなり転職を決意。

キャリアアップするぜ!と一口に言っても様々。
私が決めていたのは

「今より密接にデザインを追求出来る仕事に就くこと」
「給与面が今よりあがること」でした。

そしてどちらもクリアした企業から内定をもらうことができました!
ツイッターでお祝いリプくださった皆様本当にありがとうございます…!

面接を受けるにあたって意識したポイント

素直な気持ちで話す

採用されれば長期間、生活のほとんどを会社で過ごすことになる訳で「この企業に絶対受かりたい!」からと面接でガチガチに見栄を張ってしまうと入社してからも見栄を張り続けなければならなくなり地獄の日々です。
なので私は受け答えはとにかく素直な対応を心がけました。

結論から述べる

今回は一次面接(人事)→二次面接(社長)→内定という流れだったのですが一次面接で最初の質問が「マイブームなんですか?」だったことが印象的でした。
レアケースだとは思いますが、一次面接で今までの転職の理由等は一切聞かれず、私の好きなものやハマっていること、気分転換の方法などパーソナルな部分をたくさん質問されました。

そんなのどこの面接対策にも載ってなかったぞ…?

まずは完結に答えを述べる。
それから理由を話す。結論を述べれば面接官側から「それはどうして?」と掘り下げる形で更に質問をしてもらえるので会話を進めやすいと思います。

分からないときも誤魔化さない

まったく用意していない質問をされた時、「え~っと…」「その…」とモゴモゴするよりも「すみません、少し考えていいでしょうか?」と正直にお伝えする方が印象はいいと思います。
あとはもう本当基本的なことですが、目をみて話すことが一番大事かと…!

面接準備で気づいたこと

自己アピールっていい部分を伝えないといけないので、今までの自分がしてきたことを振り返りつつポジティブ掘り起こして面接に望まなければなりません。
自分がいかにネガティブ思考かよく理解できたのと、昔よりマシになったとは言え、まだまだ気持ちの切り替えが下手なんだなと痛感しました…。

適性診断でストレス耐性の数値が標準よりかなり低かったらしい。

退職日もほぼ決まった今、やるべきこと

とにかく目の前の仕事をこなすこと
出来る限り吸収する時間にすること

軽やかな退職目指してがんばりますぞ。

-ライフログ, 日々
-

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。