顎変形症

顎変形症/プレート除去手術した

顔が四角くなった。

2018年11月末、生き地獄とはこのことか、という上下骨切手術から早1年。
(なんかその辺の話はここからどうぞ)
私は再び、入院をしてきた。理由は簡単、前回切った骨を繋ぐためにつけたプレートを取るのである。骨が繋がったからね。繋がるんだからすごいよね。

前回は前日入院、オペ後約一週間で退院というスケジュールだったけど今回はなんと、二泊三日。前日入院、オペ、翌日退院。
先生も看護士さんも前回より痛くないからね〜とにこにこ。手術時間も60分前後らしく(前回は6〜7時間)なんとまあ。医療技術神じゃん。

なにもかもさくっと完了しました。
備忘録として残します。最後に写真載せているので閲覧はご自身の判断でどぞ。

顎変形症のプレート除去備忘録

入院日

入院手続きが13時からということで、本当に今日から入院?みたいなテンションで荷造り。病院について30分ほどで入院手続きが終わってベッドに案内されました。
初めてじゃないとこんなに説明省かれるんだなって…1年前のことなんて対して覚えてないよ…。

17時口腔外科で口内をクリーニングしてもらい18時半に夕食。
手術は翌日12時過ぎということだったので24時以降は固形物禁止、飲み物は水だけと伝えられる。

前日眠れなかったので普通に就寝。

手術日

9時以降は水も禁止だったので暇を持て余す。持ってきた本を読み、外をぼんやり眺め、手術着に着替えて待機。予定より少し早く呼ばれオペ室へ。

2度目の全身麻酔、前回は本当に寝れるの?みたいなところから意識飛んで起きたら地獄が始まっていたのもあり、今回もそんな感じかなと思っていたのだけど、右手に点滴針がうまく刺さらず、左手に差し直したところで左手の小指と薬指がむちゃくちゃ痺れだし、痛いですと声を出したら世界がぐるぐる回り出してオペ室で流れるもののけ姫(オルゴールver)に可笑しくなりちょっと笑ってしまった。あれがキマってる状態か。
針の位置直してもらって深呼吸してるうちにフェードアウト。

最初に目が覚めたら酸素マスクしてて、まだ目が回っている状態。
でも外が明るい!喉のチューブもカテーテルもなかったので朦朧としながら看護士さんと何時ですか?とか会話して一回寝落ち。
目が覚めてナースコール押して、時間確認したら16時。意識はわりとはっきりして、トイレまで歩けたので足の器具と酸素マスクから解放。顔はそこまで腫れてない。親知らず抜いてちょっと腫れたなーくらい。鼻血もでてないし唇も切れてない。でも口の中に糸があるのがわかる。すげー。医療技術すげー。

ベッドサイドに置いてありました。これが骨を繋いでいたプレートたち。

スマホで友人と連絡を取り合う。推しのアルバム発売告知がきていたので「生きてて良かった」スタンプ送ったら「術後はシャレになってない笑」と言ってもらえて体張ったギャグをかます。去年と比べて精神的な余裕がすごい。

夕食は左手に点滴刺さって力が入らなかったので箸が持てずお粥と煮物をスプーンで食べて終わり。やっと痛み止めをもらえて一安心。だんだん顔が腫れてきているのを認識しながら就寝。といいつつなかなか眠れなくて動画見てた。2時前くらいにようやく眠気がきて就寝。

退院日

どんなに夜更かししても6時起床!おはようございます!顔が痛いです!
最後の点滴と、採血を終えてやっと点滴針からの解放。左手が自由になる開放感!
朝ご飯食べて、キャベツは噛めなかったのでサラダを断念したけどまあだいたい食べられそうな感じ。朝の診察を終えて言われたのが口の中切っているので前回同様腫れていますが、一週間でほとんど落ち着きますよとの先生の言葉。うれしっ。
とはいえ前回と同じくらい顔が腫れているので大きめのマスク買っておいて大正解でした。

一年前は顎が引っ込んで自分の顔に違和感しかなかったのと、地獄のような痛みだったのでそれどころじゃなかったんだけど、一年顔見慣れて、下膨れに腫れた顔はアレです。自撮りアプリで顔短くするエフェクトかけたみたいな感じになってる。(伝わるかな…)

こちらが記録写真です。

肌をちょっとでもきれいにみせたいのでアプリで撮影してますが、輪郭補正はなにもしてないよ!!という記録です。目は死んでた。

手術から4日経って、顔はまだまだ腫れているけど前回より食事もできるし、痛みもそこまでじゃないので外出しなければ生活に不便はないかなという感じ。年末年始のオペにして正解だった。

年明けの検査で病院はひと段落になるといいな。

-顎変形症
-, , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。